電気工事施工管理技士の資格を取るには

電気工事施工管理技士の資格を取るには、試験を受けて合格する必要がありますが、他に何か条件があるのでしょうか。

指定学科のある学校を卒業していること、電気主任技術者や第一種、第二種電気工事士の資格があることなどと、実務経験があることが条件になります。

参考リンク>電気工事施工管理の求人・転職情報 | 建設・設備求人データベース

指定学科を卒業していなくても受検できますが、実務経験が8年以上ないと受けられません。

「誰でも受けられる」ものではなく、ある程度のスキルがないと受けられないと考えて下さい。

試験は、学科試験と実地試験の両方受けなければなりません。

一夜漬けで暗記ばかりして試験を受けて合格しても、実地試験がダメなら資格はもらえません。

そう簡単に取れる資格ではないのですね。

資格を取るのは大変かもしれませんが、取った後はそれを生かして専門的な仕事を任せられることでしょう。

電気工事施工管理技士の受検を考えている人は、気を引き締めて臨むようにしましょう。